FC2ブログ
プロフィール

bakui

Author:bakui
駒澤大学の公認団体「幕末維新史研究会」の活動ブログです。

初めての方はこちらをご覧下さい。
幕末維新史研究会について
問い合わせなど→19930531rie★gmail.com(★→@)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
854位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
125位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究報告「幕末の軍楽隊の意義~幕府と軍事顧問団を事例に~」

こんにちは。3年榎本です。
今回は12月4日に行われた研究報告に関してブログを綴りたいと思います。

今回、私は「幕末の軍楽隊の意義~幕府とフランス軍事顧問団を事例に~」のタイトルで
幕末期における軍楽隊の意義について考察しました。

軍楽隊とは本来、士気の鼓舞や隊列を整えるものとして19世紀半ばに西洋からもたらされました。
オランダ式、イギリス式、フランス式の軍楽が輸入された中で、フランス式は後の兵式統一で採用され、継承されていきます。

その理由として考えられるのが、戦法・武装の変化、武器の発展、またフランス式がラッパのみでの隊列指揮であった点です。

今回の報告では、イギリス式とオランダ式との比較ができず、フランス式軍楽の意義が分かりづらいものとなってしまったので、機関誌ではそれらを取り入れたいと考えています。
卒論では軍楽というと、軍事史または文化史どちらの側面からも捉えられます。まずはどちらに重きを置くのかを考えて、研究を深めていければと思います。

以上で報告を終わります。
長文失礼致しました。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。