FC2ブログ
プロフィール

bakui

Author:bakui
駒澤大学の公認団体「幕末維新史研究会」の活動ブログです。

初めての方はこちらをご覧下さい。
幕末維新史研究会について
問い合わせなど→19930531rie★gmail.com(★→@)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
854位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
125位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究報告「幕末期における水戸天狗派と民衆への影響」

こんにちは。1年の赤井です。
10月23日(火)に行った研究発表について報告致します。

今回の報告では、徳川御三家の水戸藩から発生した尊攘激派である天狗派(天狗党)の動向と、水戸藩領内をはじめとした諸地域の民衆に天狗派が与えた影響について考察しました。

まず、天狗派の金穀徴発に着目しました。
天狗派は元治元(1864)年の筑波山挙兵の以前から民衆から金をはじめ、武器や食料を徴発していました。この徴発は暴力行為を伴うものや、従わない村があると焼き討ちするなど大変過激で残虐なものでした。これが原因で民衆の天狗派に対する不満や怒りが募り、のちに民衆は天狗派に対して反乱を起こしました。
発表に際して『波山記事一』という史料を用いました。当時の天狗派の動向や村の焼き討ちの様子、戦闘の様子が臨場感たっぷりに記されている史料で、当時の状況を知るには最適でした。今回、初めての研究発表ということで史料の活用に苦戦しましたが、このような当時の情勢を鮮明に伝えてくれる史料を活用し、深く比較検討できるようになりたいと思います。

天狗派に対して怨念を持っている民衆は、天狗派の敵対する組織である「諸生派」と次第に結びつきます。本報告でも諸生派と民衆の結びつきについて考察しました。
鯉淵農兵や河和田勢といった農兵は天狗派の人間を殺害し、家宅を放火するなど天狗派に抵抗しました。また、諸生軍に取り込まれ水戸城下で天狗党と戦闘するなど民衆は農兵として活躍しました。
天狗派と敵対する勢力側の考察をすることで論に客観性を生じさせることができたと思います。


天狗派の行動は水戸藩をはじめ、幕府、諸生派、そして民衆に多大なる影響を与えました。天狗派は尊攘実践と横浜鎖港という目的を持っていましたが、軍資金の不足や民衆の抵抗に悩まされ、過激な行動を取らざるを得なかったのだと考えられます。やがて民衆が諸生派と結びつくと天狗派の孤立はますます深まることとなりました。


初めての研究発表ということで、レジュメ作りから史料探しまでとても苦戦しました。不慣れな点が多くありましたが、さまざまなご質問やご指摘をしていただきました。
心より御礼申し上げます。
今回の研究発表で学んだことを翔龍作成に生かしたいと思います。


以上で報告を終わります。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。