FC2ブログ
プロフィール

bakui

Author:bakui
駒澤大学の公認団体「幕末維新史研究会」の活動ブログです。

初めての方はこちらをご覧下さい。
幕末維新史研究会について
問い合わせなど→19930531rie★gmail.com(★→@)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
163位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

9月5日会津合宿

こんにちは!こんばんは!
会津合宿3日目を担当させて頂く、今年度も合宿担当3年の辻です。

台風が2日目に直撃し、3日目も天気が心配される中、曇天からのスタートとなりました。

3日目最初の見学地は会津武家屋敷です。
2018091612031028d.jpg

「ザ・幕末!会津藩」の垂れ幕!戊辰150周年が際立ちますね!!
会津武家屋敷は江戸時代の様々な歴史的建造物が約7000坪の広大な敷地に並ぶ野外博物館です。その中でも敷地面積2400坪を有する会津藩家老、西郷頼母の邸宅を復元した家老屋敷が見どころ満載でした(家老屋敷は会津戦争の際に消失)。西郷頼母邸のあった場所は2日目に実際に足を運んだので、よりそのスケールと身分の高さが実感できました。建物の展示が主ですが資料展示もあり、錦絵皇国一新見聞誌「若松戦争」が個人的にはぐっときました。余談ですが……
20180916122431762.jpg

これに見覚えありませんか?後輩くんが最初に気づいてくれたのですが、そう!これは昨年行った菊屋家住宅にもあった創意工夫!武家屋敷では「角金具(すみかなぐ)」と言うそうです。菊屋家住宅にしかないモノだと思い込んでいたばかりに感動していたら、先生からメジャーな工夫だと教えて頂きました。……一つの事柄を全てと思い込んではいけないということですね、勉強になります!!

次に向かったのは天寧寺(近藤勇の墓)です。
天寧寺は、蘆名盛信が建立した寺です。天寧寺裏手の墓地には近藤勇の墓があります。これは会津戦争の際に、土方歳三が遺髪などを持って仮埋葬したと言われています。
201809161235175e5.jpg

また、戊辰戦争の責任者として切腹した萱野権兵衛の墓もあります。残念ながら、萱野権兵衛の墓を見つけ出すことができなかったので、またの機会に、山道がぬかるんでない時に探したいと思います!

次に向かったのは會津藩校日新館です。
20180916124746194.jpg

201809161248109a2.jpg

日新館は会津藩士の子供たちが学ぶための学校として、鶴ヶ城の西側の道を1本隔てた場所に造られました。現在は日新館天文台跡(2日目に断念)だけが当時の場所を物語っています。今回見学した日新館は、会津若松市北部に復元されたものです。館内には当時を再現した人形などが展示してあり、藩士の子供達の教育を見学することが出来ました。切腹の作法などもあり、こんなに幼い頃から切腹を覚えるのかとなんとも言えない気持ちになってしまいました。
余談ですが、ここ日新館は、宿泊も弓道体験も出来ます。実は弓道経験者の私はこの体験を楽しみにしてました!後輩達の前でかっこよく決めたかったのですが、一中しかできなかったので、勉強も弓道ももっと精進致します。

次に向かったのは甲賀町口郭門跡です。
20180916130911ed6.jpg

会津戦争の籠城戦の際に、最初の合戦場となりました。現在は西側のみ現存しています。よくみると、石垣に弾痕が多数残されていました。

次に向かったのは長命寺です。
20180916142333ff2.jpg

長命寺には「戦死墓」というのがあり、その下には会津藩士145名が眠っています。明治に入ってから旧幕府軍の埋葬許可がおりますが、戦死者名を刻むことは許されなかったためこのように表現されました。土台となる石には、戦死墓を建てた会津藩士の名が刻まれていました。

次に向かったのは阿弥陀寺です。
201809161326570c9.jpg

会津戦争時、阿弥陀寺周辺は激戦地となったため、会津藩士をはじめとする東軍戦死者1281名を埋葬した東軍墓地があります。また、藤田五郎(斎藤一)の墓や、移築された鶴ヶ城の天守閣御三階があります。
新選組が守っていた方面であり、城下の入り口となる重要地だったため、藤田五郎はここに墓を建てたそうです。そして、ここ東軍墓地もやはり戦死墓と刻まれていました。

次に向かったのは、会津新選組記念館です。
201809161334543dc.jpg

ここでは新選組をはじめ、旧家や子孫があつめた資料を展示しています。2階の資料スペースには大河ドラマに協力した時の台本なども展示してありました!1階スペースはグッズ販売なのですが、中でも古銭のコーナーは男子陣が目を輝かせて釘付けになっておりました。

次に向かったのは、西軍墓地です。施錠されていたのですが、ご好意で中も見学させて頂きました。
201809161345499ba.jpg

写真は長州藩ですが、他にも薩摩藩や大垣藩など多くの石碑が建てられていました。戦死者に多いも少ないもないのですが、やはり会津藩をはじめとする旧幕府軍と新政府軍の墓を見比べると、戦争のその後が透けて見えてくるように感じます。

そして、全ての見学を終えて会津若松から東京へ。2018年度会津合宿が終了しました。

今年は想定外に多く歩いたり、台風が直撃したりしましたが、皆さんしっかりとついて来てくれてありがとうございました!このように充実した学習・合宿が出来たのも1年から3年までがしっかりと事前学習をし、現地での体験を逃さないようにメモをとり、体で実感して来たからだと思います。至らない合宿係ではありましたが、本当にありがとうございました。
昨年の言葉を繰り返すようですが、幕維のメンバーは、学習するときはとことん学び、楽しむ時は楽しむ。というメリハリのあるチームです。日々、切磋琢磨しています。幕維の合宿は観光地では行かないような知られていない場所や、現地に行ってみないとわからないような知識を身につける事ができます。行って後悔するような事はありません。

最後に、今回の合宿では小泉先生や、福島県立博物館学芸員の栗原さんをはじめ現地の方々からも貴重なお話を聞かせて頂きました。この場を借りて、御礼申し上げます。本当にありがとうございます!
合宿で得た事を糧にし、ますます良い研究活動にしていきたいと思います。

長くなりましたが、以上で2018年度会津合宿の報告を終了します。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント