FC2ブログ
プロフィール

bakui

Author:bakui
駒澤大学の公認団体「幕末維新史研究会」の活動ブログです。

初めての方はこちらをご覧下さい。
幕末維新史研究会について
問い合わせなど→19930531rie★gmail.com(★→@)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
163位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

9月3日 会津合宿

こんにちは!

会津合宿の初日を担当させて頂きます、2年の久野です。

初日は、最初は曇りだったのですが次第に晴れ、フィールドワークをするのにはベストな一日でした!
さて、これから初日の活動を報告していきたいと思います!

まず、初めに向かったのは妙国寺です!
妙国寺は、飯盛山で自刃した白虎隊士の遺体を最初に葬った寺です。また、滝沢村の肝煎であった吉田伊惣治が、まだ若い白虎隊士の無残な姿を見て同情し、遺体を近くの妙国寺まで運び、葬りました。

これが、白虎隊士の仮埋葬地です。

20180907152240ec2.jpg


次に向かったのは、旧滝沢本陣です!
ここは、藩祖保科正之を祀る土津神社へ参詣する際や、歴代会津藩主の領内巡視の際の休息所などに用いられました。また、戊辰戦争では、松平容保が自ら出陣したことでも知られています。

20180907153340c20.jpg


内部には、今でも当時の弾痕や刀傷の後が10数ヶ所残っています。

201809071536160e8.jpg


他にも、参勤交代で使用された道具類が古文書とともに保管されていますが、保存の仕方において疑問に感じることがありました。

次に向かったのは、白虎隊伝承史学館です!
ここでは、白虎隊をはじめ、会津藩士や新撰組ゆかりのものを中心に、明治維新における会津の立場を、5000点の展示史料で明確に展示解説しています。
史料が豊富なだけに見るのは大変でしたが、自分の目でこれだけの史料を見ることが出来てよかったと思います。

次に向かったのは、白虎隊士一九士の墓とさざえ堂です!
白虎隊士十九士の墓は、会津若松市街から東に位置する飯盛山の山中にあります。ここには、新政府軍に敗れ、白虎隊士らが退却してきた後に自決し、果てていった白虎隊士最後の地です。

20180907155835d33.jpg


20名の隊士らは皆自刃していきましたが、この時奇跡的に命を落とさず蘇生した飯沼貞吉は昭和6年まで生き、白虎隊士らの壮絶な自刃の様を伝えました。

さざえ堂は、入口から出口まで人とすれ違うことがない、不思議な構造になっています。

201809071616322b0.jpg


私は以前訪れたことがあり、身長が伸びたためか中は狭く感じ、とても懐かしいものでした。

20180907161752463.jpg


最後に向かったのは、白虎隊記念館です!
白虎隊記念館は、会津若松出身の弁護士、故早川喜代次の「白虎隊をはじめとした会津藩の悲劇を後世に伝えたい」という思いから、昭和31年4月に創立されました。
記念館には、白虎隊に関する資料はもちろんのこと、会津藩や新撰組、新政府軍など戊辰戦争に関する約12000点に及ぶ史料が収蔵されています。

また、受付の方は歴史学を学んでいたそうで、歴史の見方など、丁寧にお話して下さりました。


そして、無事に初日の日程は終わり、ホテルに向かいました。
一日でかなりの距離を歩いたので、みんなへとへとでしが、夕食後しっかりとミーティングを行い今日を振り返りました。

実際に自分の目で見て感じ、考えることは写真からでは分からない今の現状を知る上でとても重要なことであり、貴重な経験でもあります。
また、それを事前学習を通しての参加により、今までよりも歴史に対して真摯に向き合うことができたのではないかと思いました。
一方で、会津にはたくさんの史料が残っていることが分かり、驚きました。



以上で初日の報告を終わります。
次は2日目です。
頑張りましょう。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント