FC2ブログ
プロフィール

bakui

Author:bakui
駒澤大学の公認団体「幕末維新史研究会」の活動ブログです。

初めての方はこちらをご覧下さい。
幕末維新史研究会について
問い合わせなど→19930531rie★gmail.com(★→@)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
160位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

10月16日の活動報告

はじめまして。
今年度から幕末維新史研究会に参加させて頂いております、1年の山本です。

10月も半ばになりまして、セーターが恋しいような日も少しずつ増えて参りました。
季節の変わり目ですので、身体に気をつけて日々を過ごしていきたいですね!

20181016213401452.jpeg


さて、10月16日の活動ですが、先週に引き続き三井・越後屋の史料を読みました。
活動にはOBのH先輩がいらして、史料を読むアドバイスや史料の特徴などをお話していただきました。ありがとうございました!

後期からくずし字の史料に触れていますが、やはり現代の文字とは違う部分が多く、とても難しいです。
辞書の引き方すら不安な私ですが、先輩方に丁寧に丁寧に教えていただきながら少しずつ文字を見て、読めた時にはとても嬉しいです。

来週には1年生のレジュメ発表が控えております。
とてもドキドキします。
今後も同級生と切磋琢磨しながら、日々精進を重ねていきたいです。

以上で報告を終わります。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
スポンサーサイト



1年生研究発表のお知らせ

こんにちは。3年大澤です。
本日は、1年生の研究報告についてお知らせしたいと思います。

日程は以下のとおりです。

10/22(月)18:00~19:30
教場:7-403

○原島実穂
「黒船来航期の民衆への情報の広まり―武蔵野国川越藩を例にとって―」

○長谷川明香
「ペリーら米国が感じた日本の役人と庶民の異人に対するまなざしの違い―ペリー来航の目的―」

○手島碧香
「品川台場の立地環境」


10/23(火)18:00~19:30
教場:7-402

○赤井萌心
「幕末期における水戸天狗派と民衆への影響」

○山本香紫
「島田髷と江戸後期の結髪文化」

○中根成史
「明治維新期におけるフランス革命観」


10/29(月)18:00~19:30
教場:7-403

○坂脇真夕
「幕末期における剣術の発展と衰退」

○久保田創大
「江戸無血開城―山岡鉄舟の動向を中心に―」


興味深いタイトルばかりで、研究報告を聞くのがとても楽しみです。

皆様お忙しいとは思いますが、お時間ありましたら是非足をお運びください。
よろしくお願い致します。

10月9日の活動報告

みなさん、お久しぶりです。
3年榎本未涼です。

ブログを書くのはおよそ1年ぶりだということに少し驚いています。
さて、1年ぶりのブログの本題に移らさせていただきます。

火曜日は新しく、三井・越後屋の史料を読みました。
昨年までいらっしゃった先生の授業を履修されていた方なら読んだことがあるのではないでしょうか笑

先週のまでの史料と比べると、難易度が突然上がったので
1年生はだいぶ苦戦していました。
ヒントをあげると答えられていたので、あともう少しです。頑張れ、1年生!
2年生も先生としてなかなか面白いヒントをあげていました。
さすがです、2年生。

答え合わせは次回の活動ですので
どのような内容なのか楽しみです。
まもなく、1年生の初めてのレジュメ発表となりますので、そちらも楽しみにしたいものです。

以上で報告を終わります。
長文失礼しました。

10月2日の活動報告

はじめまして。
今年度から駒澤大学幕末維新研究会の会員になりました1年の赤井萌心と申します。宜しくお願い致します。今回は10月初回の活動でした。毎日の温度差で体調を崩しやすい時期になりました。体調に十分お気をつけてお過ごしください。

前置きはこれくらいにして、報告に移らせて頂きます。

今回は前回に引き続き、数カ国の領知についての書状を読みました。
前回と同じ文言が含まれており、古文書にも現代の文書と同じく形式がある事が分かりました。
数字など繰り返し出てくる文字にも多少ですが慣れてきました。
まだまだ古文書の形式についての知識も乏しく、内容を理解するのに時間もかかりますが、今後もたくさんの古文書を読んで経験を積み、スラスラ解読できるようになりたいです。

以上で報告を終わらせて頂きます。
ここまで読んで頂きありがとうございました。