FC2ブログ
プロフィール

bakui

Author:bakui
駒澤大学の公認団体「幕末維新史研究会」の活動ブログです。

初めての方はこちらをご覧下さい。
幕末維新史研究会について
問い合わせなど→19930531rie★gmail.com(★→@)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
160位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

研究報告「榎本武揚の武士道」

こんにちは。
1年の榎本です。

10月22日に行いました研究発表についてご報告させていただきます。
今回は「榎本武揚の武士道」というタイトルで研究しました。

武士道とは何か、榎本武揚の生い立ち、戊辰戦争時の榎本動きの3つに絞り研究・考察をしました。

今回の報告では、テーマに戊辰戦争の文字が無いこと、武士道と戊辰戦争の動きのどちらに重みを置いたのか分かりづらいこと、榎本と武士道の関係性についての内容が薄いこと、これら3つが大きな反省です。
テーマ設定が遅かったため、このようになってしまったので、次回に向けての反省とします。

先輩方のご指摘は、自分の身になることばかりでとてもありがたいです!
参考文献についてのアドバイスもいただけたので
これからの研究に役立てたいと思います。
本当にありがとうございました!

本年度の活動も残り僅かとなりました。
1つ1つの活動を大切に、頑張っていきたいと思います。

以上で報告を終わります。
ありがとうございました。
スポンサーサイト



研究報告「和宮降嫁と孝明天皇」

こんにちは。
一年の大澤です。

今回私は、高校の頃から興味のあった和宮のことについて調べたいと思い、「和宮降嫁と孝明天皇」というタイトルで発表しました。

当時、幕藩体制の再編のために、幕府は公武合体を示さなければなりませんでした。そのため関白九条家の島田左近と彦根藩主の長野主膳らの間で発案された考えが、和宮と将軍家茂との縁組でした。孝明天皇は和宮の兄、国の行く末を案じる天皇、という二つの立場で葛藤しながらも、国のために和宮降嫁を許可しました。

今回の報告では、テーマが曖昧だった上に概説的なところばかりとなってしまった。テーマを決めることの大切さや難しさを、報告が終わった今改めて感じました。先輩方からの多くのご指摘をいかしていけるよう、これから精進していきたいと思います。

早いもので、今年度の活動も残り僅かではありますが、気を引き締めて活動していきたいと思います。

以上で報告を終わります。ありがとうございました。

【再掲】1年生研究発表のお知らせ

こんにちは、3年の小笠原です。
次週の1年生研究発表についてご連絡いたします。
今回の研究発表は1年生の人数の関係で3日に分けて行います。お時間のある方は1日だけでも結構ですので、是非いらしてください。

日時: 10月20日、27日(木)……18:00〜
22日(土)……14:40〜

場所: 20日、27日…7-402教場
22日…7-405教場

20日(木) 18:00〜
◯大澤芙実
「和宮降嫁と孝明天皇」

◯廣井恒暉
「薩長盟約締結の意義」

◯梅田恵梨花
「大石鍬次郎の一生と油小路事件について」

22日(土)14:40〜
◯辻菜々子
「日野宿本陣と新撰組」

◯榎本未涼
「榎本武揚の武士道」

◯布上直孝
「土方歳三について」

◯篠澤千都
「会津藩の教育制度」

27日(木)18:00〜
◯石川真帆
「公武合体における和宮降嫁」

◯永田仁大
「集成館事業〜斉彬が見つめた未来〜」

以上9名の発表です。
1年生一人ひとりが初めてのレジュメ発表に備えて準備をしてきました。史料の読み方、論文や書籍の見つけ方等初めてのことに苦戦した様子でしたが、良い経験になったようです。発表当日が私も楽しみです。

再度のご連絡になりますが、皆様、お時間があれば是非発表を見にいらしてください。
以上でご連絡を終わります。

10月13日の活動報告

こんにちは!とてもお久しぶりな感じがします。
3年の江口です。
今回はタイトルにもあるように、10月13日の活動報告をしたいと思います。


まずはくずし字講読です。
前回の続きから見ていきました。
1年生は頻出するくずし字の形を覚えてきたようで、楽しそうに購読してました!
2年生は幕維での積み重ねと講義での成果がよくでていましたよ~!
答え合わせをして、次はグループ活動です。

私は京都組ですので、禁門の変時における京都情勢を見ています。
今回は禁門の変後、定例札場に以後3年間かかげられた触書について取り扱いました。
触書の中で「長州藩を信用していた者もあったかもしれないが、蛤御門に発砲したため追討が仰せつけられた。」という内容が見られました。
「長州藩を信用していた者もあったかもしれないが」というところから、幕府の権威が落ちていたと自認していたと捉えることができます。
当時の民心がわかる良い史料でした。
ちなみに、この触書は後の三条制札事件というものに関係していき、この事件には新選組が…っと熱くなりすぎましたね。
この後は割愛させていただきます(^^)

さて、来週から2回続けて1年生の研究発表が行われます。
タイトルだけざっと見ましたが、みんな面白そうな内容でした。
気になる研究発表詳細は次のブログ更新をお待ちください!


以上で報告を終わります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

10月6日の活動報告

おはようございます!
2年小林です。

10月6日の活動報告をさせていただきます。

この日は新しいくずし字の史料をグループに分かれて読みました。
あらかじめ史料が配られていたのですが、読むのにとても苦戦しました…。
2年生は授業でくずし字を多少やっているので読めるところもありましたが、やはり読めないところの方が多くずっと辞書とにらめっこしながら読んでいました。
3年生の方はもうスラスラ読んでいたので早くそのようになりたいですね!
精進します…!

グループワークでは今回も江戸組、京都組に分かれて史料の読み合わせをしました。
両組、和やかな雰囲気でのグループワークになりました。
私は京都組に参加して鷹司邸内の焼跡についての史料を読みました。
徐々にレジュメを作成する作業にうつるので今まで読んだものをしっかりおさらいしようと思います。

そろそろ1年生のレジュメ発表が始まります。
1年生は大変そうですが、私はとても楽しみです。
是非頑張ってほしいですね!



以上で報告を終わります。
ありがとうございました。

9月29日の活動報告

はじめまして!
今年度から幕維の活動に参加させてもらっている1年の布上と申します!わからないことがたくさんありますがこれから楽しく頑張って行きたいと思います!よろしくお願いします!

それでは9月29日の活動報告をさせていただきます。
まず資料講読は前回のくずし字の史料の答え合わせをしました。
答え合わせをしている段階で読めている箇所もあれば、読み飛ばしてしまっている箇所もあり、今後のくずし字の史料講読におけるとてもいい経験となりました。

グループ活動では東京組、京都組共にそれぞれ発表する内容の確認などを行いました。

今後の活動に向けてもっとスキルを上げられるように頑張って行きたいと思います。

以上で活動報告を終わります。
ありがとうございました。