FC2ブログ
プロフィール

bakui

Author:bakui
駒澤大学の公認団体「幕末維新史研究会」の活動ブログです。

初めての方はこちらをご覧下さい。
幕末維新史研究会について
問い合わせなど→19930531rie★gmail.com(★→@)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
176位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

4年生ゼミ合宿2日目In鹿児島

こんにちは。梶原です

根本君の素晴らしいゼミ合宿報告を引き継がせて頂きます‼‼


さてゼミ合宿2日目(8月28日)は朝早く活動を開始したこともあって、少々ハードに思えました。

まず、朝の7時45分にホテルを出発し、鹿児島県の知覧へ向かいました。
知覧へ向かったのは、「知覧特攻平和会館」と「薩摩武家屋敷」、「薩摩英国館」を見学するためです。

知覧特攻平和会館は、爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たり攻撃をした陸軍特別攻撃隊(いわゆる特攻隊)の隊員たちの遺品や関係資料を展示した有名な博物館です。
私と同じ世代の若者たちが、海上に散っていったという事実。
彼らの家族や恋人、大切な人や故郷にあてた最期の手紙、遺書など。
展示資料から「心を揺さぶる何か」を感じました。
特攻隊員たちが生きた証や意味をしっかりと考え、後世に伝えることが、平和な現代に生きる私たちの役目なのではないでしょうか。
P8285187.jpg
P8285184.jpg

薩摩武家屋敷は、江戸時代に薩摩藩が作った「外城」の一つです。
外城とは薩摩藩の地方支配制度のことで、藩主である島津家当主の居城「内城」に対して「外城」を設置し、軍事ネットワークの形成と農民統制、一揆対策の役割を果たしました。
今でも外城の名残を知覧の地で見ることが出来ます。
P8285200.jpg
P8285194.jpg
P8285198.jpg

薩摩英国館は薩摩武家屋敷のすぐ近くにある施設で、幕末期における薩摩藩とイギリスの関係資料を展示するとともに、お茶の産地である知覧らしく、喫茶店の機能も果たしていました笑。
紅茶のサービスもあり、美味しい紅茶が飲めました。
P8285289.jpg
P8285286.jpg


以上三つの施設を見学し終えた後、鹿児島市内に戻りました。

午後は島津氏の別邸「仙巌園」、「尚古集成館」、「旧鹿児島紡績所技師館(異人館)」を見学しました。

集成館は島津斉彬が西洋諸国のアジア進出に対して、日本の富国強兵を実現するために設置した工場群です。
現在は尚古集成館として、島津家の歴史•文化と集成館事業を語り継いでいます。
充実した展示からは、なぜ薩摩藩が雄藩として力をつけることが出来たのか、幕末維新期に大きな影響力を持った薩摩藩の原点を見たような気がしました。


また、今年は薩英戦争から150年ということもあり、尚古集成館別館にて特別展が行われていました。
日本とイギリスの交流史を専攻していることもあり、貴重な史料に触れることが出来ました。


仙巌園は広大な庭園が広がり、桜島の景色と庭園の美しさが本当に印象的でした。
ただ、見学に充分な時間が取れなかったことが残念でした。
鹿児島に来て、仙巌園を見なければもったいないとしかいいようがありません泣。
P8285310.jpg
P8285319.jpg
P8285312.jpg
P8285304.jpg

2日目最後の見学地は「旧鹿児島紡績所技師館(異人館)」です。
異人館は鹿児島紡績所の指導官であったイギリス人技師官7人の宿舎として建てられた洋館です。
尚古集成館と並んでまさに薩摩藩の近代化の原点、そして日本の近代化の原点であるとも感じました。

2日目は移動距離も長く、スケジュール作成上無理もあって、見るべき場所の見学時間が短くなってしまうという問題もありました。
しかし今後の学習のために有意義な時間を得ることが出来たと思います。

やはり百聞は一見に如かずでした。

鹿児島はお酒も美味しく、人も親切で本当に良い合宿を行うことが出来ました。
ゼミ合宿中も桜島が爆発しており、スケールの大きい景観を見ることが出来ました。
西郷隆盛や大久保利通がこの景色を見ていたと思い、感動しました。


さて、長々と書いてきましたが、そろそろ4年生ゼミ合宿2日目の報告を終わらせていただきます‼‼

最終日の3日目は松村さんが書いてくれます。
もちろん根本梶原が載せなかった(載せ方が分からない訳ではありませんよ笑)ゼミ合宿の写真を数多く見せてくれることでしょう笑。(写真載せておきました!by松村)
皆さん期待してて下さい!

来週には函館•江差合宿が控えていますが、皆さんよろしくお願いします‼

s-1377755555506.jpg
スポンサーサイト

小泉ゼミ4年生鹿児島合宿1日目

みなさん!こんにちは!4年の根本です!
今年度の小泉ゼミ4年生は8月27日から29日まで鹿児島で合宿を
行いました!

1日目27日について根本が日記にまとめます。


まず朝の8時に羽田空港に集合しました!
そこから約1時間40分程で鹿児島に着きました!
P8275083.jpg
(鹿児島空港の足湯)

最初の見学地は鹿児島歴史資料センター黎明館でした。
P8275154.jpg
ここは鶴丸城の跡地に建てられている資料館です!3階建てで
数多くの史料などが展示がされていました。ここで特に印象深かったのは大久保利通が
使用していた洗面器が展示してあったことです!
また黎明館の職員さんもとても親切でした!根本のオススメの資料館です!

P8275104.jpg
次に黎明館から歩いて城山を散策しました。
まずは城山展望台です!ここから桜島がとても綺麗に見えました!
P8275115.jpg
えぇ!カップルにオススメなスポットですね!私も機会があればまた登りたいです!(笑)


私が城山散策で一番印象に残ったところは、西郷洞窟と西郷隆盛終焉の地です!
西郷洞窟は実際に見ると素っ気ないところでした。これは実際に行ってみないと分からないので、
みなさんも行ってみて私と同じ感覚になってください!(笑) 
P8275141.jpg
P8275144.jpg
P8275147.jpg

また、そこから約300メートル、約650歩のところにある西郷隆盛終焉の地に行ってみました!
ここには石碑があり、この石碑は明治時代に建てられたものでした。
P8275148.jpg
P8275153.jpg

あ!函館合宿に初めていく幕維の1年生は分からないと想いますが、石碑を見る時はその石碑の後ろを
見ましょう!!
P8275099.jpg
その理由は今度函館合宿に行く4年生の梶原先輩と松村先輩に聞いてみましょう!
根本先輩よりも詳しくその理由を教えてくれるでしょ!

もちろん!小泉先生に聞くのも良いと想います!きっと評価が上がるでしょう!
しかし、根本先輩の評価を先生に聞くのはやめましょう!きっと評価は低いでしょう!(笑)

27日の流れは以上です。

P8275174.jpg


次回!28日の流れについては、梶原君にバトンタッチしたいと想います!

最後までありがとうございました!
4年根本。





小泉ゼミ下田合宿

こんばんは。
3年の林美里です。
今回は、7月31日から8月1日にかけて行われた、小泉ゼミ9期生の下田合宿について報告させていただきます。


1日目

1日目は、13時に伊豆急下田駅に集合しました。
私は埼玉県から下田へ向かったのですが、鈍行でなんと5時間もかかりました!
下田駅に到着すると、小さな黒船があり、いかにも下田に来たという感じがしました。

__ 1

その後、バスに乗って玉泉寺へ向かいました。
__ 2

玉泉寺は、日本最初の総領事館といわれており、境内は当時の状態を保つため、大変な管理をされているそうです。
他にも、黒船の乗組員やロシアのディアナ号とアスコルド号の乗組員の墓もあり、こちらはそれぞれの祖国の方向を向いてたっているそうです。
ハリス領事館を見学させていただいたり、住職さんのありがたいお話を聞いたりと、勉強になることばかりでした。
玉泉寺の牛乳やお菓子までごちそうになりました。
ありがとうございました。
可愛いわんちゃんや猫もいて、とても癒されてしまいました。

ホテルにチェックインした後は、授業でも行っている研究報告を行いました。
研究報告では、発表者に質問をしたり意見を出したりと、普段どおり充実したものになりました。

夜は、花火や肝試しをしたり宴会でも大変盛り上がりました。
小泉先生も、遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。


2日目

2日目は、ホテルをチェックアウトしたあと下田開港博物館へ向かいました。
下田開港博物館には、ペリーの来航に関する史料や遺品や、ロシアに関しての展示もありました。
他にも、ハリスに仕えたとされる唐人お吉の遺品などもあり、見どころが満載でした。
古文書の崩し字を見て、昔は読めなかったものが少しずつ読めるようになっており、授業で勉強した成果が出ていて嬉しかったです。
また、写真家の下岡蓮杖の写真に見られる幕末の風景や庶民の様子は、当時の感覚をリアルに感じることができ、勉強になりました。
こちらでは、各々お土産のお菓子や地酒などを購入しました。

次の了仙寺では、了仙寺宝物館を見学しました。
こちらもペリー関係や唐人お吉の展示が多くあり、さらに知識を深めることができました。
私が特に興味深いと思ったのは、当時の日本人が外国人が話す英語を聞いて、どのように聞き取っていたのかという了仙寺オリジナルの瓦版でした。
全く英語がわからないのに、ほぼ正確に聞き取っており、とても驚き感心してしまいました。


その後も欠乏所跡を見学したり、幕末の情緒あふれるペリーロードを歩いたりと、最後まで歴史散策を楽しみました。
解散したあとも、サスケハナ号の遊覧船に乗ったりと、個人個人でも下田の旅を満喫しました。



研究会の後輩たちにも、下田合宿の際にはたくさんのことを学び楽しんでいただきたいと思います。
まずは、9月の函館、江差の合宿に向けて準備を進めるとともに、学習もしていきたいと思います。

それでは、このへんで失礼いたします。

83_large.jpg

# 小泉ゼミ下田合宿

こんばんは。
3年の林美里です。
今回は、7月31日~8月1日にかけて行われた、小泉ゼミ9期生の下田合宿について書かせていただこうと思います。


1日目


1日目は、13時に伊豆急下田駅に集合しました。

# 小泉ゼミ下田合宿

こんばんは。
3年の林美里です。
今回は、7月31日〜8月1日に行われました、今回ゼミ9期生の下田合宿について書かせていただきます。


1日目

1日目は、伊豆急下田駅に13時に集合しました。
埼玉県に住んでいる私は、鈍行で向かったのですが、なんと5時間もかかりました。
伊豆急下田駅に到着すると、黒船