FC2ブログ
プロフィール

bakui

Author:bakui
駒澤大学の公認団体「幕末維新史研究会」の活動ブログです。

初めての方はこちらをご覧下さい。
幕末維新史研究会について
問い合わせなど→19930531rie★gmail.com(★→@)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
160位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

ミニ新入生歓迎会

こんにちは。
三年の近藤です。
4月25日の定例活動では前回に引き続き、日米和親条約の活字史料を読みました。
上手に読めている1年生もいたようで、これからが楽しみです。

活字史料は、本に活字として掲載する際、編集者が読みやすいように読点をふっているものなので、文章の切り方が必ずしも正しいとは言えません。
反対に、読点のない史料はわかりやすく自分で切ってしまってもいいくらいなので、「べし」なのか「べく」なのかは、幕維の活動内では重視しなくてもいいと思います。
文面からいかに内容をとれるか。細かいことは二の次です。


活動のあとは、一年生との交流をはかった小さな歓迎会をしました。
今回新しく来た方もいらしたようで、にぎやかこの上ない楽しい時間を過ごせたかと思います。
個性豊かな幕維勢ですが、さらに色濃いメンバーが増えそうです。今後の活動が楽しみ!


しかしながら、幕維の本当の目的は歴史を学ぶこと、そして自己の成長。周りにいるのは自分のライバルです。
そして歴史知識はもちろんのこと、一般的な常識、礼儀なども学ぶ場ですので、やはり遊びに来る感覚の者は幕維には必要ありません。本当にやる気ある一年生と、今後、共に学んでいきたいと思っています。

大学生は沢山学ぶことだって沢山楽をすることだってできるが、それを選ぶのは自身だと、小泉先生は仰います。実にその通りだと実感しています。
有意義な4年間を過ごすための最良の場となるよう、各学年張り切って頑張っていきたいですね。

スポンサーサイト



# プチ新入生歓迎会

こんにちは。
三年近藤です。

4月25日の活動は、

4年 ○○参上!

みなさん!お久しぶりです!
今トイレで書いてます!えぇ!!もうここで誰だか分かった貴方!
もう幕維の一員です!

私は明日9時に就活があります!明日は筆記試験と適正検査?を受けてきます!
そして、皆さんはもう翔龍をお読みになられましたか?
そう!あの尾張藩についての論文、実に面白い論文でしたね!
今年の1年生もぜひ彼を見習ってほしいものです!

そして、翔龍担当の4年生松村さん、3年生近藤さん、そして4年生チーフ梶原さん
3年生チーフ大野さんに感謝です!本当にありがとうございました!

さて、大きいもの出たところなので、この辺で締めくくります!

3年 根本でした!

翔龍第2号が届きました!


こんにちは。3年の斉藤です。
昨日行われた定例活動について報告させていただきます。

新入生が加わってから第二回目となった今回は、見学に来た新入生が更に増え、また先輩方がいらっしゃってくださった事もあって、
活動している教場が小泉先生の史料講読のように人で溢れかえっていました(笑)
男女比1:3の幕維ですが、見学に来た新入生は男性の方が多かったです。頼もしい限りですね!

今回の活動内容は以下の通りです。
・新入生及び4年生、院生の自己紹介
・翔龍第2号配布
・史料講読(日米和親条約について)
・グループ活動

翔龍がようやく手元に届きました。
第1号よりも分厚く、その分内容も濃いものになっていると思います。
手にした時の重さに、翔龍を作った時の苦労を思い出しました。中心となって動いてくださった方々、お疲れ様でした。
出来上がったことに満足せず、それを糧に更に深い研究をしていきたいと思います。

また、史料講読では早速新入生にも活動に参加してもらい、グループに分かれて講読していきました。
初めて活字史料に触れ戸惑う子や、部分的に切り取ってなんとなく文意をとっている子など、反応は様々でしたが、先輩から読み方を教わって、必死に着いていこうとしていました。
次回も引き続き同じ史料を読みますので、しっかり予習をしてきてほしいと思います。

グループ活動は、研究会の人数が多いことを生かして、今年度から始められました。
幕府、文化、戊辰、京都、薩長同盟に興味のある人同士でグループを作り、それぞれのテーマに関連する史料をグループで読んでいきます。
私たち幕府グループでは、昨夢紀事から引用して、井伊直弼と伊達宗城が13代家定の継嗣問題について言及している史料を見ていきました。
時間の関係でどのような史料なのか把握するだけで終わってしまいましたが、来週から読み込んで行きたいと思います。
ゆくゆくはグループで研究をまとめて、レジュメ発表を行う予定なので、グループ内で活発な意見交換ができればいいですね。

以上が今回の活動内容となります。

新年度になり、新しい後輩、新しい活動など内容が盛りだくさんな幕維ですが、自らやりたいこと、やるべきことを模索して精進していきたいと思います!

これで報告を終わらせていただきます。
長文失礼いたしましたm(__)m

#


こんにちは。3年の斉藤です。
昨日行われた定例活動について報告させていただきます。

新入生が加わってから第二回目となった今回は、見学に来た新入生が更に増え、
また4年の先輩方がいらっしゃってくださった事もあって、
活動している教場が小泉先生の史料講読のように人で溢れかえっていました(笑)

# 第二回幕末維新史研究会について。


こんにちは。
3年の大野です。

幕末維新史研究会もついに新しいメンバーで今年度の活動を開始しました!

4月8日に行われた第一回目の研究会の時には、5名の1年生が話を聞きに来てくれました󾌵

これからもまだまだ1年生の皆さんの参加をお待ちしておりますので、興味を持った方は足を運び、幕末維新史研究会の雰囲気を感じてみて下さい!

今後の日程は以下の通りになっています。

4月18日(木) 17時50分 7号館前集合

4月25日(木) 17時50分 7号館前集合

25日は研究会の後に図書館の使用方法を紹介する図書館ツアーや食事会を催す予定なので、ぜひ参加してみて下さい(^^)

これから1年生の皆さんと一緒に研究ができることを楽しみにしています󾭠

第二回幕末維新史研究会について。


こんにちは。
3年の大野です。

幕末維新史研究会もついに新しいメンバーで今年度の活動を開始しました!

4月8日に行われた第一回目の研究会の時には、5名の1年生が話を聞きに来てくれました󾌵

これからもまだまだ1年生の皆さんの参加をお待ちしておりますので、興味を持った方は足を運び、幕末維新史研究会の雰囲気を感じてみて下さい!

今後の日程は以下の通りになっています。

4月18日(木) 17時50分 7号館前集合

4月25日(木) 17時50分 7号館前集合

25日は研究会の後に図書館の使用方法を紹介する図書館ツアーや食事会を催す予定なので、ぜひ参加してみて下さい(^^)

これから1年生の皆さんと一緒に研究ができることを楽しみにしています󾭠

新一年生の皆さんへ


新一年生の皆さんこんにちは!
幕末維新史研究会です。

私達は週に一度駒澤キャンパス7号館で活動を行っています。
今年度は昨年と同じく木曜日曜の6限に活動を行う予定です。

定例活動としてはまず、毎週史料講読を行っています。
昨年は合宿先が山口県だったため、前期は『防長回天史』という史料を基に高杉晋作や奇兵隊についての史料を読みました。
後期は毎年くずし字を講読しています。昨年度は崩し字に慣れるため、坂本龍馬宛木戸孝允書簡等を読みました。
1年生の時から史料を読むことで周りと差をつける事ができますよ!

また、年に1度個人研究の成果を発表するためにレジュメを作成し、研究発表を行います。自分の興味があることについてまとめ、皆の前で発表し、討論することで、研究の幅を広げる事ができます。

さらに、年度末には『翔龍』という機関誌を作製します。
幕末維新史研究会に入っていなければ卒論まで論文を書く機会はほぼありません。
しかも自分の研究の成果や研究会での活動の記録を形として残す事ができるので、幕末維新史研究会ならではのとても有意義な活動だと思います!

夏には幕末に関する場所に合宿に行きます(^^)
昨年度は山口県萩市、下関市に行き、高杉晋作や吉田松陰などに関する史跡などを巡りました。
顧問の小泉先生や先輩方と史跡などを見学することができるので、新しい発見がさくさんあります!


その他にも昨年度は、日本初の米国総領事館であり、大変由緒ある下田の玉泉寺で文書調査を行い、生の史料に触れる貴重な経験をする機会を頂きました。

どれも普通の大学生活を送っていてはできない事ばかりです!

第一回目の研究会 は4月8日(月)17時50分時に7号館前集合となっています。

ご質問などは幕維のブログからも受け付けていますので、何かありましたらご連絡下さい。

興味を持った方はぜひ一度お気軽に見学に来て下さい!
皆さんの参加をお待ちしています(*^^*)


(3年 大野)

# 新一年生の皆さんへ


夏期合宿3日目

こんばんは。
初めてブログを書かせていただきます、幕末維新史研究会新2年の矢部遥香です。

大変遅くなってしまいましたが、私は9月5日の合宿3日目について紹介したいと思います。
2日目についてはまた後日紹介させて頂きます。
P9051100.jpg


当日はあいにくの雨天だったので自転車での移動は断念し、バスと徒歩での移動となりました。
まず私たちはホテルの方のご厚意でバスで送っていただき、松陰神社と松下村塾、そして宝物殿である「至誠館」に行きました。
P9051119.jpgP9051105.jpgP9051147.jpg
ここでは吉田松陰先生が高杉晋作らを教えた松下村塾の外観を見ることができました。建物の中には松陰先生の肖像画を確認することもできました。
至誠館では松陰先生の生涯をまとめたパネルや、「留魂録」という刑死の直前に松下村塾の塾生にあてて書かれた遺書や「永訣の書」などを見ました。これらから志半ばで亡くなった松陰先生の思いを少しでも理解できたと思います。
余談ですが、ちょうど松下村塾の外観を見終わって至誠館に入った時に大きめの雷が何度か鳴ってとても怖かったのを覚えています…。

次に歩いて伊藤博文旧宅・別邸に行きました。
P9051152.jpgP9051153.jpgP9051174.jpg
ここでは伊藤博文の銅像を見ることができたり、実際に建物の中に入って伊藤博文が住んでいた当時の面影を感じることができました。
この時に写真家の方々に偶然お会いし、写真を撮っていただきました。ちなみに撮っていただいた写真は後日イベントで飾られたとか…。(三枚目参照)

また徒歩で移動し松陰先生の叔父である玉木文之進の旧宅、続いて東光寺の見学をしました。
P9051177.jpgP9051175.jpg
P9051203.jpgP9051211.jpg

東光寺には3,5,7,9,11代萩藩主の墓があり、そこにたどり着くまでの道には重臣諸家が献上した非常に多くの石灯篭が並び、厳粛な雰囲気が漂っていました。

次に松陰先生や高杉晋作などの墓地に行きました。
他にも久坂玄瑞など萩を代表する歴史的な人物たちの墓があり、大雑把な表現でしか表せないのが悔しいのですが、非常に感動しました。
P9051221.jpg

バスで東萩駅付近に戻ってきた私たちは1年女子数名で歩いていてたまたま見つけたお店で昼食をとりました。
何を食べたかは忘れてしまったのですが、情けないことに完全にバテてしまっていた私は出されたお冷をほぼ一気飲みしてしまったのを覚えています(笑)

再び東萩駅に集合した私たちは下関駅を目指して電車に乗りました。
電車に揺られている間、私は景色を見たり寝たりしていたのですが(半分以上は寝てしまっていました…)、車窓から見えた田んぼや畑などの風景が私の地元によく似ていて、とても初めて来た土地とは思えないのどかさでした。
P9051238.jpg

下関駅に着いた後はバスに乗り前田砲台跡を見学し、その後ホテルの方に送迎バスをお願いして宿泊先の下関マリンホテルに到着しました。
P9051243.jpgP9051240.jpg

この日の夕食にはフグが出て、初めてのフグに一人感動していました(笑)
夕食後は先輩のレジュメ発表とミーティングを経て就寝という流れでした。

私自身萩・下関に行くのは初めてだったのでその土地に行くこと自体が新鮮だったのですが、それ以上に歴史的な建造物や宝物殿に展示されている展示物などを見ることによって、本を読むだけではわからない時代背景や人物の心情などを感じ取れたことが大きな収穫でした。
しかし同時に自分自身の知識不足を痛感する合宿でもあったので、これからは自分の知識量をもっと増やして合宿などに臨みたいと思いました。
またフィールドワークをする際の着眼点や次への課題も見つけることができ、非常に有意義な合宿でした。

以上で夏期合宿3日目の報告を終わらせていただきたいと思います。拙い文章を長々と失礼いたしました。

p.s.今日から新年度になりました。今年度もよろしくお願いいたします。