FC2ブログ
プロフィール

bakui

Author:bakui
駒澤大学の公認団体「幕末維新史研究会」の活動ブログです。

初めての方はこちらをご覧下さい。
幕末維新史研究会について
問い合わせなど→19930531rie★gmail.com(★→@)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1501位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
192位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク

6月16日・23日の活動報告

こんにちは。3年の長谷川です。
新型コロナウイルスの影響により、久しぶりの投稿となります。このような状況ですが、新入生が2人入会してくれました。とても喜ばしい事だと感じております。
現在、オンライン授業のため、活動も対面ではできておりません。しかし、先週の6月23日からオンラインでの活動を始めました。

さて先週の活動報告に移らさせていただきます。先週は『復古外記』の蝦夷戦記にある、麦叢録を講読しました。内容は榎本武揚艦隊が江戸から北海道に向けて脱走をする様子を記したものでした。艦隊の名前もいくつか挙げられていて非常に興味深いものでした。
普段の対面の活動と違ってオンラインのため、教え方や進め方が難しかったです。今後もオンラインでの活動を実施していきますが、全員が実りのある学習となるように3年一同頑張りたいと思います。

本日、23日は新入生が2人入会してくれたので、オンライン新歓を行いました。先生と学部生だけですが、とても楽しかったです。新入生の事も聞けましたし、2年生や3年生の現状も知れました。また、先生のお言葉もいただけたのでよかったです。

今後もオンラインでの活動となりますが、一刻も早く対面での活動が出来ることを願っております。
スポンサーサイト



11月26日の活動報告

こんにちは。3年の久野です。
11月も後半になり、寒さも一段と厳しいものとなってきました。
そうしたなかで、私は体調を崩すこともありましたが、勉強を通してとても充実した日々を過ごすことができています。

さて、今回の活動は明治元年9年に東京府から「富くじ類似行為厳重に処すことが記されている触れが出される」といった内容のくずし字をグループで読んでいきました。

読むみにくいくずし字を含むものだったのですが、文脈や文字の形などこれまで学んだことをもとにヒントをだしていくと、1年生は思いのほか読むことが出来たので驚きました。
少しずつではありますが、今日まで積み重ねてきた活動の成果がそこにあったのではないかと思います。

なにより、「分かった」という喜びを1年生、2年生、3年生みんなで感じながら、楽しく学んでいる様子を見ると、とても嬉しく思います。

今年も残すところあとわずかではありますが、最後までしっかり活動をしていきたいと思います。

以上で報告を終わります。

11月19日の活動報告

こんにちは。3年の前島です。
冬を目前にしてこの寒暖差の厳しさ…皆さま体調など崩されてはいませんか?
私は日々の忙しさも相まって、そろそろ風邪をひきそうな予感がします…。これからさらに寒くなると思うので、皆様もご自愛ください。


さて、更新が遅くなってしまい申し訳ありませんが、11月19日の活動報告をさせていただきます。

今回は、明治5(1872)年の鉄道開業に際して出された町触の内容を講読しました。
踏切を横切ることや線路上に荷物を置くことを禁止したり、汽車が近づいてきた時にどうすべきかを記していたりと、鉄道に関して今と変わらない注意がなされていたことが分かりました。

今回の活動は諸事情により1・3年のみの活動となりましたが、1年生もくずし字の講読にだんだんと慣れてきたようで、自ら考え、辞書を駆使して字を探すことができるようになっており、活動ごとにその成長を感じています。
この調子であと数回の活動も頑張っていきましょう!


以上で報告を終わります。
ありがとうございました。

10月8日の活動報告

こんにちは、一年の八須です。
空は深く澄み渡り秋風薫る季節となりました。寒がりの私としては長袖の着用も増えてきた次第であります。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

10月8日の活動では町奉行の出した御触れに関する古文書を取扱いました。
外国人の買い物などに対して町人は不都合無きよう接するといった内容に、来年のオリンピックでたくさん日本にいらっしゃるであろう外国人への応接についても考えさせられます。
先輩方に連綿した崩し字の区切りを教わり、時にヒントを頂きながら考えていくのはとても楽しいものでした。
古文書の読めない文字を文脈から判断して推測していく作業、そこでスッと意味の通った時の快感は心にぞくぞくするものがあります。
それは私達が幼い頃から持ち続けてきた、純粋な知ることへの喜びです。
「また一つ賢くなったぞ」
そんな、自分たちの力で手に入れた知識は価値あるものであります。
この気持ちを大切にして、古文書の解読に一層励んで行きたいと思います。

以上、活動報告でした。
最後までご覧頂き有難う御座いました。

10月1日活動報告


こんにちは。1年の細谷です。
だんだん秋が近づいてきて涼しい日が増えてきました。
あと今年も残り2ヶ月です。

さて、活動報告をさせていただきます。
今回もくずし字を講読、答え合わせと長州藩、薩摩藩、佐賀藩のグループワークもしました。
くずし字は最初と比べて、予想がつかないような字が増えて講読が難しかったです。またグループワークでは活字講読や今後の活動について話し合っていました。

しかし、今後の古文書講読で反映するよう技術を磨いていきたいと思います。

以上活動報告でした。
最後までご覧頂きありがとうございました。